1. HOME
  2. サービス
  3. 相続に関するご相談
  4. 相続に関するご相談

相続に関するご相談

相続に関するご相談

相続に関するご相談

相続税とは

相続税とは、亡くなった人の財産が遺族などの相続人に受け継がれるタイミングで支払う税金です。
平成27年1月より、相続税制が変わり、相続税の負担が大きくなりました。

 

<改正のポイント>
・相続税の最大税率が50%から55%へ変更
・基礎控除額が、改正前:5,000万円+1,000万円×法定相続人の人数
改正後:3,000万円+600万円×法定相続人の人数に変更となり、約40%縮小される事になりました。

相続の対象となる財産は、亡くなった人の持っていた現金、預貯金、土地、建物、有価証券、生命保険の死亡保険金などの合計額です。借金(負債)がある場合、負債も相続の対象になります。
その合計から基礎控除分を差し引いて、残った金額にだけ、税金がかかります。基礎控除の枠内に収まれば、税金を払う必要はありません。

 

相続税対策

事前にしっかりとした対策をとることで、「争続」ではなく「相続」を実現することが可能となります。
ご家族に資産を残せる方は、限られた方であり、それができることに喜びを感じていただきたいと思っています。
わたしたちは保険商品を活用して、お客様のお悩みを解決いたします。

死亡保険金 500万円の非課税枠
いざ相続の際に、まとまったお金が入ってくることにより、お葬式代や納税資金にかかるお金の心配がなくなります。
また、生命保険金を受取る際に、500万円×法定相続人の人数の控除を受けることができます。
例えば、法定相続人が3人の場合、1,500万円までは相続税が課税されないといったメリットもあります。
死亡保険金は受取人固有の財産です。名前を付けて資産を残せるというメリットもあります。
是非ご活用くださいね。