世の中に存在するリスクの数だけ、損害保険の数があります

想像してみてください。もしも、今突然地震がおこったら?家が燃えてしまったら?泥棒に貯金を盗まれてしまったら? 自動車事故にあったら?外出先で事故にあったら? 人が生きている限り「もしも」のリスクはたくさん存在します。個人の生活の中だけではなく、企業だからこその「リスク」もまた 多く存在します。生きる中での数あるリスクに備え、そして不安を解消するため、損害保険はリスクの数だけ存在します。

個人のお客様

  • 車の保険
  • すまいの保険
  • ケガの保険
車両の補償
(愛車が事故で壊れた場合など)

相手方への賠償
(事故で相手の方にケガをさせたり、相手の方の車を壊してしまった場合)

ご自身・家族・同乗者への補償
(事故でご自身や同乗者の方がケガをしてしまった場合)
住宅の安心
(水災や風災、雪災などの自然災害や火事などで住まいが被害を受けた場合)

家財の安心
(盗難や破損など、住まいの中にある家財が被害を受けた場合)

ご近所への安心
(ご自宅の火災などにより近隣の住宅に損害が生じた場合)
けがに対する安心
(日常生活でのアクシデントでけがをしてしまった場合)

病気に対する安心
(ガンや心臓病などで入院しなければならなくなった場合)

老後に対する安心
(高齢になって介護を受けざるを得なくなった場合)
スポーツ中のケガに対する安心
(スポーツで骨折してしまった場合など)

レジャー中の事故に対する安心
(ゴルフプレー中、誤って他人にケガをさせてしまった場合など)

旅行中のさまざまなリスクに対する安心
(海外旅行中にけがをした場合や、他人のモノを壊してしまった場合など)

法人のお客様

ビジネスのリスクに対応できる保険

オフィスや工場、店舗の資産に関する保険

オフィスや工場への補償
(火事で燃えてしまったり、台風・地震などで被害を受けた場合など)

商品への補償
(店舗の商品が盗難にあった場合など)

機械への補償
(オフィスや工場の機械設備に故障・事故があった場合など)

損害賠償責任に関する保険

PL法(製造物責任法)に対する賠償責任
(製造・販売したテレビに欠陥があり、発火したため家屋が焼けてしまった場合/レストランで提供した料理が原因で食中毒が発生した場合/暖房装置の設置ミスによって一酸化炭素中毒が発生し、死亡者が出た場合など)

建設工事における賠償責任
(建設工事現場で荷物を運んでいた従業員が誤って工具を落とし、通行人にケガをさせた場合/荷物が荷崩れを起こし、隣家の建物を損傷させた場合など)

売上・利益に関する保険

営業ができなくなったときの損害補償
(店舗が燃えてしまい、商品の販売ができなくなってしまった場合など)

工場が操業できなくなったときの損害補償
(災害によって生産ラインが数ヶ月にわたりストップした場合 など)

社員に関わる保険

従業員のけがに対する補償
(業務中に従業員がけがをしてしまった場合)

従業員の家族に対する補償
(業務中の事故で従業員が亡くなった場合の遺族への補償)

下請会社の従業員のケガに対する補償
(業務を下請けに発注しているケースで、下請け会社の従業員がケガをしてしまった場合)

ページTOPへ