1. HOME
  2. サービス
  3. ライフプランニング
  4. ライフプランニング

ライフプランニング

ライフプランニング

ライフプランニング

ライフプランニングとは

ライフプランニングとは、自分や家族が
「夢」や「希望」を叶えるための人生設計をつくることです。
その人生設計をもとにして、目標を立てることによって
無駄な支出を減らしたり、貯蓄や資産運用を行うことができるようになります。

 

 

ライフプランニングの重要性

昭和の時代にはライフプランニングなどを気にしなくても、あまり問題にはなりませんでした。
会社に入社すれば、年功序列でポストが与えられ、給与は上がり
定年まで雇用が約束され定年時には高額の定年退職金をもらえた上、公的年金にも不安はなかったからです。
しかし令和となった現在。雇用形態の多様化、退職金制度の廃止といった雇用環境の変化、
少子高齢化による公的年金の不安など、家計には厳しい状況が続いています。
また、初婚年齢や出産年齢が高くなり、平均寿命の延びに伴う老後期間の長期化など
ライフサイクルも変化しています。
このような状況だからこそ、近年では一人ひとりがそれぞれの価値観に基づいた、
それぞれのライフプランを作成することが重要になってきているのです。

ライフプランニングのタイミング

ライフプランニングを行うと、自分たちの家計が、どのように変化していくのか分かるようになります。
もし一時的にお金が不足してしまう期間があっても、その後に挽回のチャンスがある、といったように、家計を客観的に判断することができます。そのため、「貯蓄は一応しているけど将来のお金が不安…」といった人も、不安を軽くすることにつながりますので、今少しでも何か不安を抱えているのであれば、それがライフプランニングのタイミングです。
また、不安がなかったとしても、ライフプランニングを行うことは、家計の課題をみつけることにつながるので、行うタイミングが早いほど、対策する期間をより長く取れるのでおすすめです。

 

ライフプランニング例

ご相談者 :Aさん(男性)
家族構成 :Aさん(36歳/正社員)、妻(35歳/正社員)、お子さん2人(8歳、6歳)
世帯収入 :約800万円(共働き)
ご相談目的:子どもの将来のためのお金と、住宅購入について

 

お子さまの将来について、
どの様な進路を進むか現時点ではわかりませんが、
お子さまがどの様な選択をしようと「大丈夫」と言える親で
いたいというご希望でした。
また、併せて住宅購入も検討されているとのことで、
ご相談にいらっしゃいました。

お話を伺いながら、ご希望に沿った住宅を購入する為に現在の収支表を作成したところ、
本来十分な収入があるはずなのに、マイナスの結果に。
そのため、まずは生活費の改善のアドバイスを行いました。
①携帯料金プランの見直し
②加入保険の見直し

携帯料金も保険も継続的に発生する支出ですのでこの2つを見直し、
不要な部分はカット、必要な部分は手厚く、とメリハリをつけた内容に変えたところ収支表も改善。
子どもの将来と、家族の住まいのための費用に関してめどがたちました。